“天蕩山”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
てんとうざん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“天蕩山”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「この近くに天蕩山てんとうざんと申す山があります。そこは曹操が兵粮ひょうろうを貯えて、遠大な計をめぐらした所です。もしこの山を攻め取ったならば、魏軍は粮食りょうしょく補給の路を断たれ、すべて漢中にとどまることができなくなる筈です」
三国志:09 図南の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
天蕩山てんとうざんは、味方の兵粮を貯蔵しあるところ、米倉山べいそうざんに続き、みなこれ漢中の軍が生命とたのむところである。万一、かの山に敵手が廻っては一大事である。漢中はたちまちにして破れるは必定だが、さて心配なことだ」と尋ねた。
三国志:09 図南の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)