“天下泰平”の読み方と例文
読み方割合
てんかたいへい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼女は神道大成教の熱心な信者で、あまり大きくもない屋敷の隅には小さなが祭ってあって、今でも水垢離とって、天下泰平国土安穏五穀成就息災延命を朝々祈るのである。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)