“大衣”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ダイエ75.0%
だいえ25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“大衣”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
女たちの噂して居た、袈裟で謂へば、五十條の大衣ダイエとも言ふべき、藕絲グウシの上帛の上に、郎女の目はぢつとすわつて居た。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
女たちの噂した所の、袈裟で謂へば、五十條の大衣ダイエとも言ふべき、藕絲グウシの上帛の上に、郎女の目はぢつとすわつて居た。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫(著)
女たちの噂した所の、袈裟けさえば、五十条の大衣だいえとも言うべき、藕糸ぐうし上帛はたの上に、郎女の目はじっとすわって居た。
死者の書 (新字新仮名) / 折口信夫(著)