“大和物語”の読み方と例文
読み方割合
やまとものがたり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
河海抄は此の故事を今昔物語から引用し、「大和物語にも此事あり」と云っているけれども、現存の今昔や大和物語にはっていない。
少将滋幹の母 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
かつて『大和物語』の蘆刈話の元の形かと考えてみた、近江由良竈神由来譚なども、袋中の大徳は是を事新らしく書き伝えたけれども
海上の道 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
姨捨山の話も中世の書物に多くあらわれ、ことには『大和物語』という本にあるのが、よく人に知られている。
母の手毬歌 (新字新仮名) / 柳田国男(著)