“大内山”の読み方と例文
読み方割合
おおうちやま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
いでいる野路の向うに、明神とか、大内山という島原半島の山々が紫色にんで、中腹の草原でも焼き払ってるのでしょうか
棚田裁判長の怪死 (新字新仮名) / 橘外男(著)
遠くにはお城の角櫓が見え、その向こうには大内山の木立ちが地平線を柔らかにぼかしている。左のほうには小豆色の東京駅が横たわり、そのはずれに黄金色の富士が見える。
Liber Studiorum (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
大内山
(新字新仮名) / 楠山正雄(著)