“国表”の読み方と例文
旧字:國表
読み方割合
くにおもて100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
委細は後で話す。逃げ隠れする程なら、大牟田公平は、遙々国表から出て来て、しかもここまで参りはいたさん。
死んだ千鳥 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
その時は別におとがめも受けないが、国表へつくと早速「差控え」を食うことになっている。図々しいのになると、差控えの五犯も六犯も重ねて平気な奴がある。
大菩薩峠:24 流転の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
祖五郎は又信州上田在中の条にいる姉のへも手紙を送る。一度お国表へ行って来るとのみめ、別段細かい事は書きません。さて両人は美作の国を指して発足いたしました。
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)