“国俊”の読み方と例文
旧字:國俊
読み方割合
くにとし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「むむ、そうだ。お前の袖に引っかかった刀はこれだ。鍛えは国俊、家重代。先祖はこれで武名をあげたと、年寄りどもからたびたび聞かされたものだ」
箕輪心中 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
それが睡薬の名残と知らない新九郎は、眩暈をこらえてまた起き直り、ふと枕元を見ると、昨日、御方に持ち去られた筈の国俊の一刀が、いつの間にかちゃんと置いてあるではないか。
剣難女難 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
元来圖書は山三郎をす気だから、栗毛の馬に鞍を置き、脊割羽織紺緞子天鵞絨深縁を取った野袴に、旧金森の殿様から拝領の備前盛景国俊の短刀を指添にしてとっ/\と駈けて来る。