“四百”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しひやく66.7%
しひゃく33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“四百”を含む作品のジャンル比率
自然科学 > 地球科学・地学 > 地震学(児童)50.0%
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸1.6%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
二年後にねんご但馬たじまくにのけちな地震ぢしんため四百しひやく人命じんめい三千萬圓さんぜんまんえん財産ざいさんとをそん
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
四百しひやく年へた古家ふるいへ
晶子詩篇全集 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
またつくしものを書いて貰うにも四百しひゃくと五百の銭を持ってって書いて貰ったわけだ、それを下郎だ、身分が違うと云えば、わしも是までになって、あんたに其んなことを云われゝば友達へ顔向が出来ねえから、意気張いきはりずくになりゃアかたき同志だ、可愛さ余って憎さが百倍
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)