“卯太郎”の読み方と例文
読み方割合
うたろう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
卯太郎という老人だ。彼自身も、自分の所有地は、S町の方に田が二段歩あるだけだった。ほかはすべてトシエの家の小作をしている。貧乏人にちがいなかった。
浮動する地価 (新字新仮名) / 黒島伝治(著)
父卯八や、兄卯太郎は、先方の莫大な財産に、食指がうごかないでもなかったので
花と龍 (新字新仮名) / 火野葦平(著)
大工の卯太郎の刺青をれば牛右衞門は牛を刺り、寅右衞門は虎を刺り、皆紅差しの錦絵のような刺青を刺り、亥太郎は猪の刺青を刺りましたが、此の亥太郎は十二人のでも一番強く
業平文治漂流奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)