“卓素”の読み方と例文
読み方割合
たくそ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
また、いろいろの職工や、かじ屋の卓素という者や、機織西素という者や、そのほか、酒を造ることのじょうずな仁番という者もいっしょに渡って来ました。
古事記物語 (新字新仮名) / 鈴木三重吉(著)
この和爾吉師は文の首等が祖なり。また手人韓鍛名は卓素、また呉服西素二人を貢りき。
また工人の鍛冶屋卓素という者、またを織る西素の二人をも貢りました。の祖先、それから酒を造ることをつているニホ、またのをススコリという者等も渡つて參りました。