“半洋袴”の読み方と例文
読み方割合
はんズボン100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
高木は雨外套の下に、半袖の薄い襯衣を着て、変な半洋袴から余ったを丸出しにして、黒足袋俎下駄を引っかけていた。
彼岸過迄 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
男にしては色が白く小柄で、紺の開襟シャツに白い半洋袴をはいて、スポーツ選手のやうな軽快さがあつた。
浮雲 (新字旧仮名) / 林芙美子(著)
徽章の着いた制帽と、半洋袴と、背中にしょった背嚢とが、その子の来た方角を彼に語るには充分であった。
明暗 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)