“半袴”の読み方と例文
読み方割合
はんばかま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
白い襟巻のようなものをぐるぐると首に巻き、空色の長い上衣を著て、半袴穿いた、眼の非常に大きい男は
新婦人協会の請願運動 (新字新仮名) / 与謝野晶子(著)
小瓢箪だの、印籠だの、紐付扇子だの、馬の一刀根〆だの、珠だの何だの——七、八種のものをくくりつけて、虎の皮との皮とを縫いあわせた半袴の下には
新書太閤記:01 第一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
、虎の革の半袴は捨てて、正式の折目袴に、白綾の小袖、金糸の縫紋、そして濃い紫地に桐もようのを着け、帯びた小さ刀も、提げた太刀も、華奢風雅男のすがただった。
新書太閤記:01 第一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)