“十坪”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
とつぼ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“十坪”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
芍薬しゃくやく十坪とつぼあまり一面に植え付けられていたが、まだ季節が来ないので花を着けているのは一本もなかった。
こころ (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
と蘆の中に池……というが、やがて十坪とつぼばかりの窪地くぼちがある。
海の使者 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)