“十坪”の読み方と例文
読み方割合
とつぼ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と蘆の中に池……というが、やがて十坪ばかりの窪地がある。が上げて来た時ばかり、水を湛えて、真水にはう。
海の使者 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
庭は十坪ほどの平庭で、これという植木もない。ただ一本の蜜柑があって、のそとから、目標になるほど高い。おれはうちへ帰ると、いつでもこの蜜柑を眺める。
坊っちゃん (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
芍薬十坪あまり一面に植え付けられていたが、まだ季節が来ないので花を着けているのは一本もなかった。この芍薬にある古びた縁台のようなものの上に先生は大の字なりに寝た。
こころ (新字新仮名) / 夏目漱石(著)