“割腹:かっぷく” の例文
“割腹:かっぷく”を含む作品の著者(上位)作品数
吉川英治4
島崎藤村1
“割腹:かっぷく”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
と、手分して尋ねて来ると、今し泥舟は割腹かっぷくしようとしている態なので、あっと、人々は仰天して左右から彼の身へ飛びついた。
剣の四君子:04 高橋泥舟 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
城外の水の手附近で、新介についていた部下は、全滅していた。生き残った者も、割腹かっぷくしていた。――が、新介の死骸はなかった。
剣の四君子:02 柳生石舟斎 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
と、死後の処置まで命じ終ると、すぐ正坐して見事に割腹かっぷくした。
新書太閤記:07 第七分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
このたびの儀は、備前家来日置帯刀へきたてわきに謹慎を申し付け、下手人滝善三郎に割腹かっぷくを申し付けたから、そのことを各国公使に告げるよう勅命をこうむった、としたためてある。
夜明け前:03 第二部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
前代未聞な割腹かっぷくである。
茶漬三略 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
PR