“剥繰”の読み方と例文
読み方割合
はぐ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「こんなものを読むのかね」と彼はさも軽蔑した口調で津田にいた。彼はぞんざいに剥繰りながら、終りの方から逆に始めへ来た。
明暗 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
そうして今度呼ばれれば、それが最後だという畏怖が私の手をわした。私は先生の手紙をただ無意味にだけ剥繰って行った。私の眼は几帳面の中にめられた字画を見た。
こころ (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
夫の一旦下へ置いたのをまた取り上げて、一枚々々鄭寧剥繰って見た。
道草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)