“兵部少輔”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ひょうぶしょうゆう44.4%
ヒヤウブセフ33.3%
ひょうぶしょう11.1%
ひょうぶのすけ11.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
公儀御書院番を送ったあとには、大坂御番頭ごばんがしらの松平兵部少輔ひょうぶしょうゆう肥前平戸ひぜんひらどの藩主とを同日に迎えた。
夜明け前:02 第一部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
中でも松平兵部少輔ひょうぶしょうゆうは、ここへかつぎこむ途中から、最も親切にいたわったので、わき眼にも、情誼のあつさが忍ばれたそうである。
忠義 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
つまり兵部少輔ひょうぶしょうゆうの力をかりて兵部少輔を抑える、という立場に立たれることを、と新左衛門は云った。
幕府の老中から通知があって、伊達陸奥守だてむつのかみの一族伊達兵部少輔ひょうぶしょうゆう、同じく宿老しゅくろうの大条兵庫、茂庭周防もにわすおう、片倉小十郎、原田甲斐かい
「おれたちに柿崎とはなれて扶持を取らぬかと、さそいに来た人があったろう」と内蔵助が云った、「おれはあの人に会った、あの人は新妻隼人にいづまはやとといって、伊達家の一門、兵部少輔ひょうぶしょうゆう宗勝侯の用人だ」
其中ソノウチ、此針のムシロの上で、兵部少輔ヒヤウブセフから、大輔タイフに昇進した。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
其中、此針の筵の上で、兵部少輔ヒヤウブセフから、大輔タイフに昇進した。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
其中、此針の筵の上で、兵部少輔ヒヤウブセフから、大輔タイフに昇進した。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫(著)
其中、此針のむしろの上で、兵部少輔ひょうぶしょうから、大輔たいふに昇進した。
死者の書 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
これについての私の調査はまだ極めて不完全であるが、私が気づいた例の中最も古いのは『落窪物語』の文であって、同書には「面白の駒」と渾名あだなせられた兵部少輔ひょうぶのすけについて
駒のいななき (新字新仮名) / 橋本進吉(著)