“全都”の読み方と例文
読み方割合
ぜんと100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そも何事の起れるや、問ふ人のみ多くして、答ふる者はなし。全都の民は夢に夢見る心地して、只〻心安からずへるのみ。
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
實際東京はその一時全都えるとともに、からえたのであつた。
間引菜 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
全都よ、活動
全都覚醒賦 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)