“元値”の読み方と例文
読み方割合
もとね100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
または元値を損して安物を売る等、様々の手段を用いてこれに近づくときは、役人は知らずらずして賄賂の甘きらざるを得ず。
旧藩情 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
「では棟梁元値に買っておくんなさい。これが誰にでも穿ける靴ならば、わたしもこんなことを言いたくはありません。が、棟梁、おさんの靴は仁王様草鞋も同じなんだから」
温泉だより (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
わたしから宝石を元値で買いとる気にちがいないと思った。
少年探偵団 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)