“何合”の読み方と例文
読み方割合
なんごう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
とうとう余のハンケチにも何合かのどんぐりを満たして「もうよしてよ、帰りましょう」とどこまでもいい気な事をいう。
どんぐり (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
また小食の人も健啖家も、を注文すれば同じ分量をけられる。ほとんど個性を無視して食物何合、衣類は何尺と、一人前なる分量が定まっている。
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
お母さんお母さん、あぶらげ何枚たのむん? お母さんお母さん、やみ市でも大豆持っていくん? 何合もっていくん? お母さんお母さん、ぼくたち、今日からで米つこうか——
二十四の瞳 (新字新仮名) / 壺井栄(著)