“仲悪”の読み方と例文
読み方割合
なかわる100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
意地でもの裏かいてやりとうなりなさるし、あんな心にもないことして仲悪なった思いなさったら、なおのこと未練残って、どないぞして仲直りしたい
(新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
機を見るに敏なる趙秀才は革命党が城内に入ったと聞いて、すぐに辮子を頭の上に巻き込み、今までずっと仲悪で通したあの錢毛唐の処へ御機嫌伺いに行った。
阿Q正伝 (新字新仮名) / 魯迅(著)
大きなデカが、自分の頭程もない先月生れの小犬のんでやったり、小犬が母の頸輪えて引張ったり、犬と猫と仲悪にもするにデカと猫のトラと合わしていもせず
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)