“仏灯”の読み方と例文
読み方割合
ぶっとう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
逃虚子集を読むに、道衍が英雄豪傑のに感慨するもの多くして、仏灯梵鐘の間に幽潜するの情のきを思わずんばあらざるなり。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)