“今太郎”の読み方と例文
読み方割合
いまたらう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今太郎君は我知らず、かう叫びました。それは、かね/″\潜水夫たちに聞いてゐた、海の底に住むいろ/\の怪物のうちで、一番がられてゐる大蛸の仕業と分つたからです。
動く海底 (新字旧仮名) / 宮原晃一郎(著)
今は昔、そこにゐる潜水夫のうちで、太海今太郎といふ少年潜水夫がゐました。
動く海底 (新字旧仮名) / 宮原晃一郎(著)
さて、かうして潜水を稽古してゐるうち、さすがに名人太海之助の子だけに、ちのうちに、今太郎君は一人前の——いや、子供でありながら、大人にまさるほどの立派な潜水夫になりました。
動く海底 (新字旧仮名) / 宮原晃一郎(著)