“人無村”の読み方と例文
読み方割合
ひとなしむら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
人無村で、とんだびろいをしたッきり、白旗のおくへもぐりこんでしまった竹童も、ほんとに、頭脳がいいならば、いまこそどこかで
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「おれか、おれは裾野折角村だ、だがいまあの村には、桑畑蚕婆と、おれの親方だけしか住んでいないから人無村というほうがほんとうだ」
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
人無村をかけぬけて、渺漠たる裾野の原にはいると、黒馬は、のうえから声をからして、はげました。の火はまだ赤々ともえている。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)