“京訛”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きやうなまり66.7%
きょうなま33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
薄紅をさして居るのが一層いやらしく見える、が、一更すましたもので、其だるい京訛を大声で饒舌べつて居る、勿論えず煙草はすつて居るので。
夜汽車 (新字旧仮名) / 尾崎放哉(著)
調弄気味京訛を一寸てみせて
「なるほど、上人の京訛りも、そう云えば疑がいなくなるじゃろう。それでもとやかく申す奴があったら、この有村たたっ切る」
犬神娘 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)