“京普請”の読み方と例文
読み方割合
きょうぶしん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
何事かと、あわただしく駈けこんでみると、京普請の小間どりな奥の一室、そこに、当夜の兇行を物語るすべてのものが、八弥と耀蔵のかざす紙燭のもとにまざまざと照らし出されているのだった。
牢獄の花嫁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)