“乳暈”の読み方と例文
読み方割合
にゅううん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
かな行燈の光りの中で、彼女の胸のなめらかな白さと、乳暈鴇色をした豊かな張りきった乳房とが、どきっとするほどめかしく色めいてみえた。
夜の蝶 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
薄い樺色乳暈だけの、小さいけれど固く張りきった乳房から、きめのこまかな、清絹のように青みを帯びた白いなめらかな肌、まるく小さな肩や、くびれている細腰などを
五瓣の椿 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
薄い樺色乳暈、ゆたかな腹部のったようなみと、それに続くまりの上の僅かな幅狭い墨色、広くなった腰から重たげな太腿へ、そうしてすんなりと細くしなやかに伸びている脚。
(新字新仮名) / 山本周五郎(著)