“中瀬”の読み方と例文
読み方割合
なかせ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
当今馬車道になりましたが、其の頃は女は手形がなければ通られぬとて、久下村より中瀬に出て、渡しを越えて、漸々という所まで来ますと、七つりになりまして、足が疲れて歩かれません。
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
中瀬のところは流れが早くてたびたび失敗したが、いくども根気よくやり直してどうにかやりこなし、魚を追い詰められるように、岸のところへ古い蛇籠と木の枝を沈めてのようなものをつくった。
キャラコさん:04 女の手 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
平野郷は城代土井の領分八万石の内一万石の土地で、七名家と云ふ土着のものが支配してゐる。其中の末吉平左衛門、中瀬九郎兵衛の二人が、美吉屋から帰つた女中の話を聞いて、陣屋に訴へた。
大塩平八郎 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)