“中屋”の読み方と例文
読み方割合
なかや100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
中屋つあんなどはどうだらうといへば、兼吉はしくほほと笑ひ、あんまり未練がなさ過ぎるか知れませねど、腹にあるだけ言つてしまひたいのは私の
そめちがへ (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
結局彼がその間に無駄には見えぬ仕事をしたとすれば、それは東京に在る中央気象台の中屋技師に宛てて長文の電報を発するよう、下宿のお内儀さんに依頼したことだけだった。
地球盗難 (新字新仮名) / 海野十三(著)
「またりますね……澤山うなさい、中屋小僧ふから……」
大阪まで (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)