“三鞭:シャンパン” の例文
“三鞭:シャンパン”を含む作品の著者(上位)作品数
谷譲次2
江戸川乱歩1
野村胡堂1
夏目漱石1
“三鞭:シャンパン”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
一本はボルドウの白葡萄酒ぶどうしゅ、他の一本は無論男のために用意せられたものですが、三鞭シャンパン酒などではなく、何とも知れぬ不思議な味の酒でした。
覆面の舞踏者 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
彼はまたブラッセル産切子きりこ細工の硝子ガラスの指輪を三鞭シャンパングラスのなかへ落してそれが表面に浮いてるように見せる不思議な妖術をも心得ていた。
踊る地平線:09 Mrs.7 and Mr.23 (新字新仮名) / 谷譲次(著)
さて、盛饗はとわたり済んで、乾杯の三鞭シャンパンが注がれ、熱いコーヒーが配られました。主人熊谷三郎兵衛は、拍手に迎えられて自席に立ち上ると、咳一咳、
笑う悪魔 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
洒落しゃれの片眼鏡に三鞭シャンパンの泡がね、歩道のなかばまでり出した料理店の椅子に各国人種の口が動き、金紋つきの自動車が停まると制服がドアを開け
のみならず満鉄公所へ御馳走を受けに行けば、三鞭シャンパンが現れる。
満韓ところどころ (新字新仮名) / 夏目漱石(著)