“三布蒲団”の読み方と例文
旧字:三布蒲團
読み方割合
みのぶとん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
坐ると同時で、ただ一室だからそこがの、のような枕許へ膝を落して、覗込んだが、しく居直って、三布蒲団を持上げて、骨のいのがくッきり見える、病人の仰向けに寝た胸へ
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
半纒に、女房の前掛に、子供のちゃん/\が取れるというのでございます、三布蒲団を横に着て足の方へあんかを入れて、まだ二寸ばかりたれているというから、余程小さい男であります。
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
夜見店へ参りまして古着屋から小僧さんに麻風呂敷に掻巻三布蒲団背負い込ませ、長家の者に知れない様にお父さんに半纏を着せたいと云うので段々と狐鼠/\買物をして参りますが
政談月の鏡 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)