“夜見店”の読み方と例文
読み方割合
よみせ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
夜見店よみせへ参りまして古着屋から小僧さんに麻風呂敷に掻巻かいまき三布蒲団みのぶとん背負せおい込ませ、長家の者に知れない様にお父さんに半纏を着せたいと云うので段々と狐鼠こそ/\買物をして参りますが、世間じゃアすぐに目が着きます、或る時例の姐子あねごが、
政談月の鏡 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)