“一痕”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いっこん75.0%
いつこん25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
茂朝の膝にれたまま、光秀は、を天に向けた。一痕の月を凝視することしばしであった。
新書太閤記:08 第八分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そのも明けないうちである。王命を果した金将軍は桂月香を背負いながら、人気のない野原を走っていた。野原のには残月が一痕、ちょうど暗い丘のかげに沈もうとしているところだった。
金将軍 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
茫々とした枯野の暮色が、一痕の月の光もなく、夢のやうに漂つてでもゐたのかも知れない。
枯野抄 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)