“一儀”の読み方と例文
読み方割合
いちぎ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
御坊の羽黒、拙道の秋葉に於いても、旦那たちがこの一儀を思ひ立たれて、拙道使に立つたも此のためぢや。申さずとも、御坊は承知と存ずるが。
妖魔の辻占 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
いやしくも、成政は、人でおざれば、犬との交際には、事ごとに、蔑視をくれておるにはおるが——このたび徳川どのへ申し入れた一儀は決して私怨などではない、公憤でござる
新書太閤記:11 第十一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
(せっかくの御好意なれど、このたびは、御承知のとおり大事の一儀にて、小倉におもむく途中のかたがた、便船もこよいのうちの津へまわる由。あしからず御一同へお伝えを)
宮本武蔵:08 円明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)