“サブ”のいろいろな漢字の書き方と例文
ひらがな:さぶ
語句割合
三郎33.3%
33.3%
補欠33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「——しかし、三郎サブ公、どう考えても掏摸テぼろいな。人の靴のドロとっても一円にしかなれへんけど、掏摸はまるどりやさかいな」
夜光虫 (新字新仮名) / 織田作之助(著)
「なア、三郎サブ公、掏摸テ豪勢なもんやなア」
夜光虫 (新字新仮名) / 織田作之助(著)
山の鴨群アヂムラ騒ぎ行くなれど、我はサブしゑ。君にしあらねば(同——万葉巻四)
叙景詩の発生 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
「ハハア、それがウインクてんだな。新式の——」と補欠サブの佐藤が、にくらしく、お節介せっかいな口を出すと、皆がどッとふきだしました。
オリンポスの果実 (新字新仮名) / 田中英光(著)
東海さんは昨年、戦地で逢いました。補欠サブの佐藤は戦死したと聞きました。
オリンポスの果実 (新字新仮名) / 田中英光(著)