“アーク”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
大炬20.0%
20.0%
弧光20.0%
弧線20.0%
雷弧20.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
青いアーク虚空そらいっぱいに張りわたす……
春と修羅 第二集 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
それでいて、雲母マイカで作った薄い円盤を「水晶の糸で釣るして真空の中に置いて、此の円盤の面へ弧光アーク灯の光を直角にあてると此の円盤が光にされて動く」という風に、ニコルスの実験の要領が実に明確に記されているのはちょっと驚くべきことである。
「光線の圧力」の話 (新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)
弧線アークになってうかんでゐる
春と修羅 第二集 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
しゅーッと音がして、機械からは、紫色の雷弧アークがとびだした。その火にあたると、がんじょうな鉄の錠も、みるみるあめのようになって、どろどろにけおちてしまったのだった。
超人間X号 (新字新仮名) / 海野十三(著)