“やせい”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
野生85.7%
野性14.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
珍しくも日本の九州、四国、ならびに本州の山地に野生やせいしているミカン類の一種に、通常タチバナといっているものがある。
植物知識 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
無數の異つた種類の苔が、その凹地くぼちを埋めて、咲き亂れた野生やせい櫻草さくらさうの中から、不思議な地面の光を放つてゐた。
ドーダ五十せんでこんなに腹が張つた云々うん/\野性やせい遺憾ゐかんなく暴露ばうろせられたる事にそろ
もゝはがき (新字旧仮名) / 斎藤緑雨(著)
それより、少年しょうねんは、ふつう、ざかなでもない、ふなのうろこが、みずのぬるんだため、むらさきばんで、なんとなく野性やせいのにおいがする、すがたをたまらなく、うつくしくかんじたのです。
川へふなをにがす (新字新仮名) / 小川未明(著)