“みざお”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
50.0%
水竿50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
河舟かわぶねの小さなのが岸につないであった。豊吉はこれに飛び乗るや、ともづなを解いて、みざおを立てた。昔の河遊びの手練しゅれんがまだのこっていて、船はするすると河心かしんに出た。
河霧 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
豊吉はこれを望んでみざおを振るった。
河霧 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
たちまちあしを幾めぐり、水上十数町もぎ去り漕ぎ来ったと思われる頃——ふと、べつな小舟が行くてに見えて——上には二ツの人影、ひとりは長い水竿みざおを手に唄っていた。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)