“まよなか”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
真夜中48.4%
真夜半39.6%
眞夜中11.0%
眞夜半1.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
これがわたしにはきみょうに思えたし、それとともに、売り買いをするのにこんな真夜中の時間をんだということもふしぎであった。
私は真夜半に、地下室の蒲団の中で、ふと目を覚まし、高い窓からさし込む月の光を見て、何かしらハッとして、思わず起き上りました。
目羅博士の不思議な犯罪 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
乃至眞夜中紛糾らせ、懶惰女頭髮滅茶滅茶れさせて、けたら不幸前兆ぢゃ、なぞとまするもマブが惡戲
讀者よ、それは月曜の晩だつたのだ——眞夜半くである——私も同じくあの不思議な呼び聲を聞いたのは。そしてあの言葉は私がそれに答へて云つた言葉の通りなのだ。
「そしてそれはこの間の月曜の晩で、眞夜半近くだつたのですのね?」