“またが”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:マタガ
語句割合
97.9%
1.4%
又貸0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
日影なおあぶずりのゆたうころ、川口の浅瀬を村の若者二人、はだか馬にりて静かにます、画めきたるを見ることもあり。
たき火 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
越後の国往古出羽越中りし事国史に見ゆ。今は七を以て一国とす。
フラットは不経済のようだけれども部屋の明いた部分を又貸しをすれば、たいして高いものにもつかず、住まい便利は非常にいいという事……そういう点にかけては
或る女:1(前編) (新字新仮名) / 有島武郎(著)