“ななめ”の漢字の書き方と例文
語句割合
100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
先に立ちたるは、かち色ののそそけたるをはず、幅広き襟飾に結びたるさま、が目にも、ところの美術諸生と見ゆるなるべし。
うたかたの記 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
婆さんはお千代が怒りもせず泣きもせず、すこし身をにして顔さえ赤くした様子に、此方の言った事は十分通じたものと思った。
ひかげの花 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
金眸もならず喜びて、「そはなる功名なりし。さばれ何とてを伴はざる、他に褒美を取らせんものを」ト、いへば聴水は
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)