“なぞえ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ナゾエ
語句割合
斜面50.0%
傾斜25.0%
25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
右手の丘山おかやま斜面なぞえには聖福寺せいふくじ崇徳寺すうとくじの唐瓦。
ごろた石の川洲に中腰になって斜面なぞえの嶺のほうをうかがうと、歌ごえは真向いの段々畑からばかりではなく、額を合せるように八方から迫ったあちらの嶺からもこちらのはざまからも聞えてくる。
生霊 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
両側の山のなぞえには炭坑夫の長屋が雛段を見るように幾列も並んでいる。
落穂拾い (新字新仮名) / 小山清(著)