“でっち”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
丁稚99.0%
小僧1.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
丁稚から仕上げて、やっと小番頭になったところで、店の金を使い込み、親妹弟をすてて、何処かへ逃げてしまったという話だが」
雲霧閻魔帳 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
士族気質のマダせない大多数の語学校学生は突然の廃校命令に不平を勃発して、何の丁稚学校がという勢いで商業学校側を睥睨した。
二葉亭四迷の一生 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
祖父は九歳の年に、の子供たちと一緒に、長い年期で大丸呉服店へ小僧奉公に下ったのだ。父親はもうなっていた。足弱は三人ずつ、三方荒神という乗りかたで小荷駄馬へ乗せられて来たのだ。