“ぜいたく”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
贅沢92.4%
贅澤7.4%
奢靡0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
家の惣菜なら不味くても好いが、余所へ喰べに行くのは贅沢だから選択みをするのが当然であるというのが緑雨の食物哲学であった。
斎藤緑雨 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
はず出歩行のみかにも衣類の流行物櫛笄贅澤づくめに着餝らせ上野淺草隅田兩國川夕涼み或は芝居と上なき
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
それは奢靡のかぎりをつくしたもので、何という名のものか口では言うことが能なかった。またその肴を盛ってある器も、皿も盃もみな玉からなっていた。仙妃は青年を促してその卓に着いた。
賈后と小吏 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)