“じふさんり”の漢字の書き方と例文
語句割合
十三里100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
上京するのに、もうつの方法は、金澤から十三里越中伏木港まで陸路倶利伽羅す——伏木港から直江津まで汽船があつて、すぐに鐵道いたが、すまでもない、親不知
麻を刈る (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
眞鶴風景し、大島まで十三里、ハジマまで三里とぞ。
熱海の春 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)