“しんばしえき”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
新橋駅50.0%
新橋驛50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
家主硝子屋へは出放題の事を言って、間代の残りも奇麗に払い、重吉は荷物の半分を新橋駅の手荷物預り処に預け
ひかげの花 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
土橋烏森、ともおどろ/\しく、やがて新橋驛いて、づぶ/\と濡幌んでで、𤏋つたは、暴風雨燈明臺人影く、すた/\とらに往來ふ。
大阪まで (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)