“しよぎやう”の漢字の書き方と例文
語句割合
所行100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それがしその折かの女にも廻り合はず、又女首を見ることもなくて過ぎなば、いかんぞ後年斯かる浅ましき所行に身をねんや。
一人彼是申むは重役をしろに致す所行に再吟味は天下の大法相成ぬとの上意なりと嚴重にこそ申渡しける越前守はとばかり御受を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)