“しばたごんろくかついえ”の漢字の書き方と例文
語句割合
柴田権六勝家100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
越前柴田権六勝家の腹心だ——おお、鏃師の鼻かけ卜斎とは、よくもみにけたりな、まことは、鬼柴田といわれた上部八風斎という軍師築城大家
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
北国一の柴田権六勝家が間者、本名上部八風斎という者、人穴築城をさぐろうがため、ここに鏃師となって、家の床下から八ぽうへかくし道をつくり、ここ二星霜のあいだ
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
北国路には、上部八風斎のつかえる柴田権六勝家が、厳重にをかまえていて、めッたな旅人は通しますまい、また、東海道はなおのこと、徳川家康の城下あり、井伊本多榊原などの
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
柴田権六勝家、林美作などという、常に、一方に立つ家臣はまた
新書太閤記:01 第一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)