“こまぬ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
98.2%
1.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼は手をいで島田の来るのを待ち受けた。その島田の来る前に突然彼のの御常が訪ねてようとは、彼も思い掛けなかった。
道草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
また、さう云ふものが存在してゐる世の中に、住みながら、教育家とか思想家などと云ふ人達が、晏然として手をいてゐるのですもの。
真珠夫人 (新字旧仮名) / 菊池寛(著)
御溝をんで今を盛りたる櫻の色の見てしげなるに目もかけず、物思はしげに小手きて、少しくうなだれたる頭の重げに見ゆるは、太息吐く爲にやあらん。
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
貞固はいていた手をほどいていった。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)