“くちなわ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
95.2%
久知奈波4.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
妾の髪の毛で男の咽喉首を、のように巻いてもやったし、重いを幾枚も重ねて、その中で男をしてもやったよ。……ご覧よ、女王様が別の男を召した。
娘煙術師 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
そのもとには三鞭酒のびんが本式に氷の中につけてあって、飲みさしのコップや、華奢な紙入れや、かのオリーヴ色の包み物を、しごきの赤が火ののように取り巻いて
或る女:1(前編) (新字新仮名) / 有島武郎(著)
『古事記』の遠呂智は『書紀』に大蛇とあり、『和名抄』に蛇和名倍美一名久知奈波、『日本紀私記』にいふ乎呂知とあり、今俗には小さく尋常なるを久知奈波といひ、やや大なるを幣毘といふ