“きんす”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
金子98.2%
金主0.9%
金数0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
お礼とあって、大枚の金子までいただき、源三郎と萩乃様が帰って来るちょっと前に、父六兵衛の家へと、鄭重に送りかえされた。
丹下左膳:03 日光の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
さればいたるところ大入りわざるなきがゆえに、四方の金主を争いて、ついになき莫大の給金を払うにれり。
義血侠血 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
現今の金に算して幾両の金数は安く見えはするが、百文あれば蕎麦が食えて洗湯にはいれて吉原へゆけたという。べものでないほど今日より金の高かった時代である。